2019年 亥年のイラストやデザインテンプレートの情報

【年賀状の一言文例】一般に使う友人や親戚、ビジネス文例

最近の年賀状は、宛名も、裏の文面も手書きではなく印刷で済ませるタイプが多いです。
でも、全部印刷で同じものになってしまうと寂しいものです。

受け取った相手も・・・手抜き感を感じてしまいます。

裏面に手書きで一言メッセージを書きこんでおくだけで、かなり印象がかわります。

ここでは使いやすい一般的な文例をご紹介します。

年賀状に使える一言文例

親戚

・旧年中は大変お世話になりました
・よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。
・お変わりありませんか
・昨年は何かとお世話になりまして、ありがとうございました
・皆様のご多幸とご健康をお祈りいたします
・本年も素敵な一年になりますように
・新住所に住まいを移し、心新たに新春を迎えました
・本年も変わらぬおつきあいをどうぞよろしくお願いします
・お近くにお越しの際には、是非遊びに来て下さい

ビジネス 社内の方向け

・旧年中は公私にわたって大変お世話になり、心より感謝申し上げます
・ご家族ご一同様には、幸多き新春を迎えられたこととお喜び申し上げます
・昨年は親身なご指導をいただき、ありがとうございました
・本年もよろしくご指導下さいますよう願い申し上げます
・さらなる飛躍の年とするべく努力する所存です

ビジネス 取引先向け

・本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます
・御社のますますのご発展を祈念いたします
・旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました
・昨年中は格別のご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます

手書き文の注意点

年賀状はあくまでも「相手」の新年を祝う挨拶状です。

基本的には相手を気遣う言葉がメインで、自分の報告は添える程度です。

以上が、一般的で無難な文例です。

この例をもとに、相手に合わせ変更したり文面を変えてみてください。

印刷ではなく、手書きの一言だからこそ、相手への気遣いができるものです。

ぜひ、相手の事を考えながら、気持ちを込めて一言メッセージを書いてください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

しまうまプリントで年賀状印刷!作ってみてわかったメリットとデメリット

» 続きを読む

【宅配おせち】おすすめの選び方と口コミと評判

» 続きを読む
スポンサーリンク