2019年 亥年のイラストやデザインテンプレートの情報

【年賀状の文例】一言で喜ばれる、親戚への添え書き

毎年、年賀状を出すか出さないか迷う人も多いですよね。

宛名まで印刷が終わった後で、悩むのは添え書きです。

今はすでに、一般的な文面が印刷されている年賀状も多く、販売さえています。
ただ、その文面だけではさみしいので、わざわざ手書きする人も多いです。

やっぱり手書きのコメントがあると、「私のために」時間を割いてくれたといううれしい気持ちになります。
このコメント1つで、送り手の人柄が見えるので、年賀状が届くのが楽しみでもあります。

ですから年賀状を出す前には、時間は限られますができるかぎり、簡単な一文章を添えるのが理想的です。

とわいえ・・・年賀状のやり取りは、普段お付き合いのない方も多く、何を書いてよいのかわからず、どんな文面が良いのか迷います。

ここでは、役立つ、親戚あての文例を紹介します。

ぜひ参考にして、文例を作ってみてください。

年賀状の文例

顔を合わす事のない親戚向けの文例

親戚は知っているけど、実際に会うという機会はなくなります。
特に実家を離れて暮らしていると、会う頻度は極端に減ります。

基本的にこのような場合は、「家族」のことや「健康」のことについて書くことが一般的です。

文例:

「〇〇は○歳になりました」

子供がいる家庭では、子供の成長のお知らせを年賀状ですることが多いです。
こういう報告は、喜ばれると思います。

文例:

「家族全員元気でやっています」

簡単な一言ですが、家族の報告をする添え書きです。

文例:

「いつも年賀状楽しく拝読しています」

年賀状だけのやり取りになっている親戚も多いと思います。
このような親戚へのお礼にもなります。

年賀状の添え書きのポイント

添え書きを手書きする時に押さえておきたいポイントがあります。

読点をつけない

基本的に「、」「。」はつけないのが一般的です。
あくまでも添え書きは、本文ではなく一言コメントのためです。

「去年」は使わない

年賀状では「去る」という文字を使いません。
「去年」は必ず【旧年】【昨年】という漢字にします。

「忌み言葉」といって、不吉なことを連想させる言葉です。
そのほか

「別れる」「離れる」「失う」「倒れる」「衰える」「滅びる」「絶える」「衰える」「破れる」「枯れる」「病む」など

という字も使わないです。

最後に


年末は、仕事に家事に忙しい時期です。

でも、年賀状は受け取った相手はとてもうれしいものです。
だからこそ一枚一枚に気持ちを込めて温かみが伝わる年賀状に仕上げておきましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

しまうまプリントで年賀状印刷!作ってみてわかったメリットとデメリット

» 続きを読む

【宅配おせち】おすすめの選び方と口コミと評判

» 続きを読む
スポンサーリンク