2019年 亥年のイラストやデザインテンプレートの情報

【年賀状の文例】会社宛の書き方

会社では、年賀状の作成を行うことがまだまだ多いです。
さすがにメールだけで済ませるような会社は少ないです。

面倒なんですけど、その心遣いを大切にするからこそ、会社の年賀状はとても気を使うんですよね。

裏書も宛名書きも、大変です。

一般的に、使う年賀状はフォーマルのデザインです。
郵便局や印刷会社が販売している、品のよいデザインを使用することが一般的です。

「宛名も基本は手書き。」
達筆のスタッフがいるとお願いできるんですけど・・・。
実際には印刷で済ませる会社も多いです。

ここでは、会社用の年賀状作りのための裏面の文例や書き方などをまとめました。

これですんなりと会社用年賀状が出来上がります。

会社用年賀状の文例と書き方

裏面の注意

まずは、裏面の文の例です。

会社用の年賀状で、一番大変なのは実際に「何を書けばいいの?」ということです。
さすがにフランクに「今年もよろしく!」で済ませるわけにはいきません。

一般的に使える簡単な文例はこちらです

謹賀新年

年頭に際し、貴社益々のご発展をお祈り致します。
本年も相変わらずご厚誼の程、お願い申し上げます。

謹賀新年

旧年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心より
お祈り申し上げます。
本年も変わらぬお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

文例のように、書く表現でいわゆる「かしこまり方」が異なります。
出す相手の関係性や業界の慣習によって文例は変わります。

この細かなニュアンスは、上司と相談して文例を決めるのが良いです。

かしこまりすぎることが「丁寧」というわけでもないのです。
文例は出す相手との関係で決まるもので、注意が必要です。

表面の注意

表面の書き方は、必ず縦書きです。
注意する点は3つです。

      住所を省略しない
      漢字で書く
      文字のバランス

これらに注意して書くことが大切です。

特に、文字の大きさは
宛名が最も大きく、

宛名>住所・会社名・役職名・差出人名>差出人住所

このようなバランスを考えて書きます。

肩書がある場合は、肩書を必ず書く必要があります。

会社用年賀状の文例と書き方の注意点

年賀状は会社の営業ツールとして役に立ちます。
近年は経費削減、手間の削減で出す会社が少なくなっているからこそ、余計に目立ちます。

大切な取引先には送っておくことがとても重要です。

ですからこそ、細かく気を配り、裏面の文例、表面の書き方に注意して出しましょう。

年賀状を受け取った人は、表書きもちゃんと見てます。

年賀状で新年のあいさつをしてくださいね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

しまうまプリントで年賀状印刷!作ってみてわかったメリットとデメリット

» 続きを読む

【宅配おせち】おすすめの選び方と口コミと評判

» 続きを読む
スポンサーリンク