2019年 亥年のイラストやデザインテンプレートの情報

2019年の年賀状はいつまでに投函すれば、元旦に届くのか?出すタイミングは注意!

2019年の年賀状はいつまでに出せば元旦に届くのかというと、12月15日から12月25日に投函すると確実に1月1日午前中に届きます。

年賀状の準備はクリスマス前に済ませておくことが大切です。
今、宛名印刷もすべてオンラインで可能になっているサービスもあります。

翌営業日に発送!早くて安い「しまうまプリント」について

年賀状のマナー

年賀状は、一般に1月7日までに届けば失礼ではありません。

7日を過ぎてしまったら、次の節目は2月4日の立春です。
この期間は「寒中見舞い」として出すことになります。

寒中見舞いは、年賀状の返礼という扱いにもなり、一般的な季節の挨拶として出されることもあります。

年賀状はいつから出せる?

年賀状の受付は、きまっていて12月15日からです。
受け付けが始まります。

それ以前に投函すると「通常郵便」として受け取られます。
窓口では一言断られると思いますが、ポスト投函は注意が必要です。

元旦に届くようにするには

12月25日までに出せば、基本的に元旦に着くとされています。

12月25日以降に年賀状を出した場合

26日以降は「元旦に年賀状が届かない可能性がある」という事のようです。

一応、郵便局側も努力をしてくれて、可能な限り元旦に届けるように取り組むようです。
経験上、近隣の地域宛の年賀状は28日に投函しても届きました。

郵便局の方の努力のおかげと思いますが、あくまで「努力する」ということなので、届かない可能性もあります。
出来る限り12月25日まで投函するようにしたいです。

年賀はがきの注文も、1日でも早いほうが割引率がいいので、準備は先にしたいものです。

配達について

配達は元旦と呼ばれる1月1日の正午まに配達を完了するようにしているようです。

2019年も1月2日の配達はないので、元旦の配達ができなかったものは、1月3日以降になります。

年賀状の返信について

年賀状をもらったけど、自分が送っていない!

そんなこともありますよね。
いつまでに返送すればよいのでしょうか。

まず、元旦に年賀状を出してない方から届いた場合、すぐにでも返信を出すのがよいです。
遅くとも1/7までには出しましょう。

返信には、

「早々に年賀状をいただき、誠にありがとうございます。」

と付け加えておくとベストです。

1月8日以降の返信は注意!

1月8日に投函したものからは消印を押されます。

年賀状ではないという扱いになるのです。

遅れた場合は「寒中見舞い」として出すのが通例。
「年賀はがき」では出さないようにしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

しまうまプリントで年賀状印刷!作ってみてわかったメリットとデメリット

» 続きを読む

【宅配おせち】おすすめの選び方と口コミと評判

» 続きを読む
スポンサーリンク